検索

皮革工場へ

先日機会があり、皮革工場の見学に行かせて頂きました。

全ての作業を一貫して行っているため、

とても広い工場内は1日ではとても周りきれないほど。

改めて、皮から革にする事の大変さと手間暇を感じました。

塩漬け(塩蔵)された野生鹿革。塩の浸透圧で革の水を出します。

毛皮模様の綺麗なものは毛皮にも加工されるとのことです。

この金具を使って、革を伸ばして乾燥させていきます。

野生動物だけでなく、様々な動物の鞣しをされています。

やはり牛は大きいですね。鹿の何倍あるのでしょか。。


色の調合、最後の乾燥など、様々な工程を拝見させて頂きました。


幾十の工程を重ねて、皮から革へ。

改めてタンナーさんへの感謝と、私たちが使用している野生動物の革に感謝して、日々商品開発、製作を行わなければいけないなと感じました。


お忙しいところありがとうございました。

38回の閲覧

© 2020 Inswirl All Rights Reserved.

  • Inswirl Instagram